マンションより戸建てに住みたい理由

私は戸建てとマンションのどちらに住みたいかと聞かれたら、戸建てだと答えます。以前はマンションの方がよいと思っていました。それは、私は元々あまり体力がない方なので、戸建ては窓がたくさんあったり、庭があったり、お手洗いが2箇所あったりして、掃除やメンテナンスが大変だと思っていたからです。

 

でも、実際にマンションを購入して住むようになってから考え方が変わりました。マンションに住んでみてわかったことは、確かに掃除は楽なのですが、自分の部屋の上の階の住人に小さい子がいた場合に結構音が響くことです。しかも早朝や深夜にドンドンと音がすることもありましたので、よく眠れないこともありました。

 

その後、どうしても我慢できなくなったので、上の階の住人に苦情を言ってからは音がわりと小さくなりましたが、少し気まずい雰囲気になりました。それから困ったことは、特に朝に多いのですが、エレベーターが混んでいるので、なかなか使えないことです。朝の出勤時はだいたい急いでいるので、結局、階段を使うことになってしまいました。

 

一番困ったのは、修繕積立金が値上がりすることになってしまったことです。マンションを購入した時は値上がりの話は全くなかったのですが、理事長が交代してからいきなり値上がりの話が持ち上がり、総会でも承認されたため、私は反対したにもかかわらず値上がりが決まってしまいました。

 

私の考え方では、修繕積立金がある分の修繕をすればよいと思っていましたので、値上がりしたことにとてもショックを受けました。現在は戸建てに住んでいますが、掃除やメンテナンスも自分のペースでできるので、色々な面で自分のペースでできないマンションに比べてストレスがかなり減りました。

 

また、マンションと違って、上の階の住人の物音がしたり、下の階の住人に気を遣うこともないので、その点も楽です。戸建てとマンションのどちらに住むか迷っている人には戸建てをすすめたいと思います。